口座開設(HSBCマレーシア)サポート(新規開設&乗り換え)

現在リンギ安が進行しており、リンギ預金開設の絶好のチャンスです!

【ご注意】2016年7月現在、HSBCのルール変更により当面の間「新規開設」は不可となりました。口座開設可能な方は、ビザ保有の方あるいは他国のプレミア口座を保有の方(「乗り換え」)に限定されます。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
マレーシアに銀行口座を開設したいという声を多く頂戴しておりますが、マレーシアでは原則、就労ビザやMM2Hビザの保有者あるいは不動産ローンを利用する方以外は口座開設ができませんでした。
また、HSBCのプレミア口座は開設可能なものの、他国(香港、日本、シンガポール等)のプレミア既存会員でなければ開設できず、大変な手間と資金が必要でした。
ところが、暮旅グループは今までのマレーシアでの長年の実績と独自の人脈により、HSBCプレミアの「新規口座」を開設するお手伝いができることとなりました。
マレーシアのプレミア口座は、RM200,000(560万円 @28円/リンギ)の預金で開設可能できるため、世界のどの他国で開設するより少額でプレミア口座を開設できることになります。 特に、現在リンギ安が進行しており、有利な条件でリンギ預金を開設できるチャンスが到来しています!また1年定期預金金利は3.3%程度と魅力的な水準です。

本サービスは、クアラルンプール市内のある特定の支店、担当者との取り決めに基づくサービスですので、それ以外の支店や担当者では新規口座は開設できません。弊社のみの独自のサービスとなります。

既存のHSBCプレミア会員様(香港等などのプレミア会員様)も、マレーシアへの「乗り換え」をご検討ください。マレーシア口座を開設し、ホームアカウントをマレーシア基準に変更することにより、1,000万円以上の自由資金が生まれますし、そのまま香港等のプレミアを維持することが可能です。

海外口座開設をめぐる環境は厳しくなる一方です。またマレーシアのルールは変わりやすく、いつまで新規口座が開設できるかわかりません。ご興味ある方は、是非お早目の実行をおすすめします。
下記の2タイプの開設方法が選択できます。

【1】支店をご訪問いただき開設する方法(おすすめ)

  • ご本人が弊社が指定する現地の支店を訪問し、口座開設手続きをする方法です。
  • マレーシアの平日のみ可能です。事前に弊社とアポイントをお取りください。ご宿泊のホテル(KL市街)からHSBC支店まで専用車でお迎えいたします。
  • 待ち合わせ時刻は、9:30~14:00の間とさせていただきます。
  • 口座開設、ATMカード発行、インターネットバンキング設定、外貨口座開設、小切手帳発行等すべての手続きが通常2時間程度で完了します。

【2】日本にいながら郵送で開設する方法(手続きが煩雑なため、ただ今停止中)

  • 日本で必要書類を記入しHSBC支店に郵送(弊社KL支店経由)することにより口座開設(外貨口座含む)が可能です。
  • ただし、インターネットバンキング設定やATMカードの発行は郵送ではできません。(小切手帳の発行は可能です。)
  • ですから、開設後ご都合の良い時に来店されインターネットバンキング設定、ATMカード受取りをすることをおすすめします。なお、この時のHSBC訪問のアテンド(サポート)は、下記料金と別料金で、21,600円を申し受けます。

【1,2に共通】

  • 必要書類は下記のとおりです。
    ・パスポート
    ・現住所(英語表記)を証明できる書類(国際免許証、銀行の英文残高証明書等)
    ・ご職業を証明できるもの(名刺等、日本語可)
    ・プレミア基準を達成できる銀行残高の証明書(通帳等のコピーで結構です。日本語可)
  • 口座開設後、2週間以内を目安としてプレミア口座最低必要預託金のRM200,000相当(560万円相当@28円/リンギ)の資金をご自身でご入金いただきます。(この金額には外貨口座残高も含まれます。)
  • 「HSBCマレーシアプレミア・ネットバンキング操作マニュアル」PDF版(下記目次ご参照)を無料贈呈いたします。
  • サポート料金は、下記のとおりです。
    <新規開設の方>108,000円(税込)
    <既存のプレミア会員様>54,000円(税込)
    仮にお客様の自己都合以外の理由で口座開設ができなかった場合、全額返金いたします。(航空運賃、宿泊費等は保障できかねます。)
  • 弊社独自のサービスにつき、口座開設を行った支店名、場所等に関してネット上で情報シェアすることは禁止させていただきます。
  • 英語力は不要です。通常口座開設完了後はネットバンキング利用が主体となり、担当者と英語で話したり、やり取りすることは基本的にありません。

海外口座開設をめぐる環境は年々厳しくなっており、本サービスもいつまで継続できるかわかりません。是非この希少な機会をご利用いただけると幸いです。

》お問い合わせ、申し込み

==============================================================================
【HSBCマレーシアプレミア・ネットバンキング操作マニュアル】目次
HSBCマレーシアの特徴、ルール P2
HSBCマレーシアの基本操作
■ 為替の売り買いレートを確認する P4
■ 金利水準を確認する P5
■ 円からリンギへ為替交換をする P6
■ 普通預金から定期預金へ振り替える P7
■ 定期預金から普通預金へ振り替える P8
■ 国内(マレーシア国内)送金をする P10
■ 小切手(チェック)を利用する P11

*ただし、内容の正確性を保証するもではありません。
==============================================================================

お客様の声

【新規開設】
今回は、HSBCプレミア口座の開設サポート誠にありがとうございました。
HSBCプレミア口座の開設がこんなにスムーズに出来るとは思いませんでした。
カードもその場で使えるようにして頂きました。
これも、支店の方と現地で活躍されている暮旅様の信頼関係があってのことだと思います。
HSBCプレミア口座の中でも、マレーシア口座は、預け金が20万リンギットでよく、円高(リンギ安)の今口座開設できて本当によかったです。
では、今後ともよろしくお願いいたします。
2015年10月
【乗り換え】
HSBCマレーシアプレミア口座開設サポートありがとうございました。私はHSBC香港プレミア保持者で維持条件の100万HKD(約1600万円)はなかなかプールしておくには大きな金額だと思っておりました(もちろん上手に運用している知人もいますが・・・)。現在は不動産投資などで資金が必要なためどちらにしても銀行にプールしておく資金は最低限にしたいと思っておりましたところ、HSBCマレーシアではなんと20万リンギット(約600万円)でプレミアを保持できるとの事。HSBCマレーシアプレミア開設後、ホームカントリーをマレーシアにすれば良いだけです。私はマレーシアの滞在期間が短く、土地感がないために、暮旅様にサポートをお願いしました。所要時間はKLセントラルに迎えにきて頂き戻ってくるまで約2時間とスムーズに開設は進みました。土地勘の無いところで自分ひとりでは無理だったと思います、本当に助かりました。マレーシアは定期預金で3%位の金利が付くので保険代わりにプールする事にします。
2015年12月
【新規開設】
口座開設サポートありがとうございました。
開設後、送金・為替交換・定期預金と基本的操作はスムーズに行えております。
英語で会話ができす、マレーシアも初めてという状況で不安もありましたが、暮旅様に依頼して良かったです。
現時点において通貨安という利点もありますが、ルールの変わりやすいマレーシアにおいて「口座が開設可能なとき」にタイムリーに依頼できたことに大きな意味があります。
(現在マレーシアで新規口座開設サポートを行っている業者は他に見当たらず、非居住者が銀行口座を持つことは相当難しいと思われます。)
私の場合、12月25日に問合わせ開始、その後のやりとりを経て、1月14日に現地で口座開設を行いました。休日・祝日の問合せにも迅速な応対をしていただけたことで早期口座開設に繋がりました。
HSBC口座に興味を持たれている方は、一刻も早く暮旅様にご相談されることをお勧め致します。
2016年1月
【新規開設】
過去、HSBC香港プレミアに口座を持っておりましたが、
中国からの政治圧力や、HK当局からの規制強化もあり、香港プレミアを
解約しました。ただし、日本の財政問題や地震・原発リスクなどの
いわゆる「日本リスク」を考えると国外のHSBCプレミアの必要性
の考えに変わりは無く、今回、暮旅さんにお世話になった次第です。
マレーシアは、将来のロングステイや移住も考えられますし、
無事、HSBCプレミア口座の開設が出来て、とても良かったです。
親切に対応していただき、本当にありがとうございました。
2016年4月
【新規開設】
今回は、HSBCプレミア口座の開設サポート誠にありがとうございました。
どんなにネットを探しても他に同じサービスをされている業者が見当たらないので、正直申し上げて半信半疑な部分がありましたが、スムーズに口座開設ができ、シンガポールや香港での口座開設に道を開くことができました。
MM2Hは、50歳以下の場合には、維持残高もプレミアム維持よりはるかに高く、為替をみてリンギ転換するタイミングもコントロールできないので、踏み出しづらい部分がありますが、このように口座だけ開けて、場合によっては資金を円で保有しリンギの為替リスクもとらなくてすむいという選択肢があるのは非常に魅力的です。
リンギに転換するにしても、現状は悪材料出尽くしの底という感がありますので、非常に良いタイミングだったと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
2016年6月
【新規開設】
このたびは、大変お世話になり、ありがとうございました。
HSBCの店舗に自分で開設に行った際には、ビザがなかったため断られてしまいましたが、
今回無事に開設することができて、とても助かりました。
HSBCプレミア口座が簡単に開設できること、ビザ無しだと開設の難しい、マレーシアの銀行口座が
開設できること、このメリットはとても大きいと思います。
色々な疑問にも、親切に答えてくださったので、安心して口座開設ができました。
ありがとうございました。
2016年6月


↓「マレーシア不動産ナビ」を「いいね!」と思う方は、是非クリックを!